煙草はやっぱりメンソールよね

アクセスカウンタ

zoom RSS 喘息の薬

<<   作成日時 : 2005/10/16 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
写真の右上が気管支拡張剤。左隣が去痰剤。下が気管支拡張剤の貼るタイプのもの。この他に吸入剤を持っています。

服用のメインは右上の気管支拡張剤。
喘息は気管支が狭まるのでそれを抑えるわけですが、抑えるためには血液中にある一定の濃度で成分が存在する必要があるのです。
その“一定の濃度”にするために日に一度か二度、服用する必要があるし、発作を抑えられて副作用が出ない程度の濃度は個人差があるのです。
私の場合は一日一錠。
効き目が24時間保たない時は早めに次の1錠を飲むという対処をしていました。

「していました」と過去形なのは、かれこれ10日この錠剤を口にしていないからです。
途中2〜3度吸入剤のみを使用しましたが、その後持続性のある錠剤まで必要とするほど症状が出ていないので使わないまま過ごしています。

ひょっとして喘息が改善された?

おもしろいことに風邪をひくと咳が風邪のせいなのか喘息のせいなのかがわからなくなり、喘息の発作も起こらなくなります。
風邪薬の中に気管支を広げる成分があるのかもしれません。
その風邪薬も飲まなくなってはや5日以上。
昨日も一昨日も布団に横になって普通に眠れますし、猫のトイレ掃除をして息苦しくなることもありません。
(鼻がゆるくなってくしゃみや鼻水…つまりアレルギーの反応は出ますけれども)

薬をストップしてみるというのは勇気がいりますが、習慣や惰性で飲み続けていると発作が抑えられているのが当たり前なので、飲まなくて済む状態になっていてもわからいこともあるわけです。
もしこのまま飲まなくて済む状態が続けば、私は薬からは解放されます。
発作の原因のアレルギーがどうなっているのかは今すぐにはわかりませんが、もう少し経って何ともなかったら血液検査でもしてみようかと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喘息の薬 煙草はやっぱりメンソールよね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる